04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Amazon.co.jp ウィジェット
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
楊貴妃
楊貴妃 (JUGEMレビュー »)
夢枕 獏, 天野 喜孝
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
SEARCH
Trend Match
CoRichブログランキング

TREview

MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 警察庁α特務班 ペルソナの告発 (徳間文庫) | top |
最後の晩ごはん 小説家と冷やし中華
JUGEMテーマ:読書

兵庫県芦屋市。この街に、定食屋「ばんめし屋」はある。夜のみ営業、メニューは日替わり一種のみ、幽霊すらも常連客…。この不思議な店で、元イケメン俳優の五十嵐海里は、ただいま料理修業中。芸能人としての挫折を乗り越え、常連客で小説家の淡海とも仲良くなり、順風満帆、と思いきや、後輩の若手俳優・里中李英が店を訪れたことで、再び嵐に巻き込まれ…。人の優しさと美味しいごはんに癒される、泣けるお料理青春小説。


今回も巻末にレシピが。
表題の「冷やし中華」ではなく「酢豚」と「中華スープ」の2品。
作中にも出た話題だけど・・・ 
酢豚の中のパイナップル。「あり」か「なし」か。
個人的には温かいパイナップルは好きじゃない(普通に食べるパイナップルは嫌いじゃない)ので、自分で作るときには入れない。
でも、出された酢豚に入ってる分は食べますよ。オトナですから(笑)

今後の海里の成長とレシピに期待。



 
大神マリア | 椹野道流 | 09:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment









Trackback
URL: